首里・琉染。繊細な感性と技、あくなき探究心で伝統をはぐくむ。

沖縄の琉球伝統工芸・紅型の感性と技をはぐくむお店。首里琉染。温故知新、伝統と革新のコラボレーション工芸品をすべての人へ届けたい―。

shuri ryusen english site

首里琉染HOMEへ
首里琉染の歴史ビジュアル

首里琉染HOME > 琉染のご案内 > 首里琉染の歴史

琉染ウエディング

お問合わせ・アクセスはこちらから

首里琉染の歴史

より美しい自然の色を求めて沖縄へ、山岡古都。

染人・山岡古都を、染色作家という枠に当てはめることなど出来ない。
ある人は、この染人を「少年のまま大人になった人」といい、
また、ある人は「愛すべきヘンクツ親父」とか、「浮世離れした大人物」、
「夢を現実の姿にする有言実行の人」とかさまざまに呼ぶ。
実際に会ってみると、小さな声でボソボソと話す物静かな語り口ながら、
その言葉の隅々に、強烈な洒落と皮肉と毒舌が渦巻いて、
洒落っけ旺盛な職人気質と純粋なまでの芸術家魂が垣間みられ、
一介の染色作家という括りでは確かに捉えきれない。
少年のような純な心と、独創的な発想、自由自在の行動力を兼ね備えた、
博覧強記の知識人であり、文化人であり、芸術家である実像が
浮かび上がる。
昭和26年に染色の道を歩み始めて半世紀近く。染人・山岡古都は、染色家として、話題作を次々と世に問い続けると共に、
草木染や古代染の研究家としても、つねに我が国の染織界をリードしてきた。
装う女性に「よろこび」と「感動」を与える染色作品を創作するため、染色のメッカ京都と天然染料の宝庫である沖縄に
工房と伝統工芸館を創設して、古代染の再現と新しい染の可能性を拓いてきた。
また、きものの普及と啓蒙のために、着付け教室や染色教室を創設したり、途絶えし沖縄の文化を掘り起こして復興させたり、
自然を保護したり、まさに染色作家に収まりきれない、幅広い活動をエネルギッシュに続けてきた。
こうした染人の全貌に迫り、その作品づくりの原点を探ってみたい。

創業者

首里琉染の創業者・山岡古都は昭和26年に染色の道を歩み始め、以来染色家として話題となる作品を
次々と世に問い続けてきた一方、草木染や古代染めの研究者としての知識を併せ持ち、わが国の染色界を常に
牽引しつづけました。
京友禅の洗練された技術と天然染料の宝庫・沖縄とを往復しながら古代染めの再現と新しい染めの可能性を切り開きました。
そこで山岡は私財を投じて沖縄の伝統的な染織工芸の発展に寄与するため、沖縄での活動の拠点として昭和48年に
開設されたのが首里・琉染です。
さらに、染色技術の継承のための染色教室や着付教室を開講し、着物の普及や啓蒙に尽力しました。
また、途絶えていた琉球王朝時代の服飾文化を研究・復活させ、貴重な文化財を収集し寄贈するなど、染色作家の枠に
収まらない幅広い活動を展開しました。

草木染や古代染めの研究、天然染料を使用し服飾文化を復活させた。

首里琉染の紅型

沖縄独自の風土の中で誕生した染物である紅型は、14~15世紀ころ海外との交易によって
中国・インド・ジャワの染色技法を取り入れ、さらに京都の友禅の影響も受けながら
琉球王朝の繁栄とともに開花しました。
植物染料と顔料を併用する色鮮やかな紅型は、南国沖縄の特色ある伝統工芸であり、
芸術性においても比類のない染物です。
先代の染色作家・山岡古都は、琉球紅型をはじめとする沖縄の染色文化の発展・普及を
目指し、昭和48年首里の中山門跡地に研修所として首里琉染を創設致しました。
山岡は昔ながらの天然染料にこだわり、草木染の原料として植物・古木・虫などさまざまな
原料を収集し、研究を重ねました。
山岡の指導のもと数千色におよぶ植物染料の研究は、紅型の染料の質の向上に大きく寄与しました。

ページのTOPへ