先人たちの技法を受継ぎ、さらなる表現を模索する。

沖縄の琉球伝統工芸・紅型の感性と技をはぐくむお店。首里琉染。温故知新、伝統と革新のコラボレーション工芸品をすべての人へ届けたい―。

shuri ryusen english site

首里琉染HOMEへ
琉染の装いビジュアル

首里琉染HOME > 琉染の装い

琉染ウエディング

お問合わせ・アクセスはこちらから

琉染の装い

首里琉染が作りだす着物・帯

先人たちの技法を受継ぎ、さらなる表現を模索する

紅型は、14~15世紀頃に海外との交易によって中国・インド・ジャワの染色技法を取り入れ、更に日本・京都の
友禅の影響も受けながら琉球王朝の繁栄と共に開花した。沖縄独自の風土の中で誕生した伝統工芸である。
先代・山岡古都は昔ながらの天然染料にこだわり、草木染の原料として古木・虫などさまざまな原料を収集・研究を重ね
紅型の質の向上に大きく寄与しました。
首里琉染は山岡古都の染色技術を忠実に継承し、また新たな若い力もあわせ持ち進化・向上し続けています。

首里琉染へお気軽にお越しくださいませ。

首里琉染へのお問合わせ

ページのTOPへ

体験風景

染体験のメールでのお問合わせはこちら

随時受付しております。但し、前日でのご予約の方は18:00までにご連絡下さい。
当日の方は 9:00より電話にて受け付けております。