首里・琉染。繊細な感性と技、あくなき探究心で伝統をはぐくむ。

沖縄の琉球伝統工芸・紅型の感性と技をはぐくむお店。首里琉染。温故知新、伝統と革新のコラボレーション工芸品をすべての人へ届けたい―。

shuri ryusen english site

首里琉染HOMEへ
紅型の歴史ビジュアル

首里琉染HOME > 琉染のご案内 > 紅型の歴史

琉染ウエディング

お問合わせ・アクセスはこちらから

紅型の歴史

紅型の起源

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)は約15世紀頃には存在しており、東南アジアとの交易の中で様々な技法を取り入れ、
発展させていった琉球王国を象徴する伝統工芸品である。
古い書物に登場する紅型と思われる記述に「李朝実録」の”紀白”(1456年)、”彩絵”(1479年)がある。
天順7年(1463年)に朝鮮に派遣された琉球の使節が「琉球の男は斑爛之衣(彩りの美しい模様の衣)を着る」と述べられ、
「使琉球録」(1534年)には、”彩服・彩段”と記述されている。
紅型(または紅型を制作すること)を表す「型附」の文字が初めて登場するのは「尚氏家譜」の(崇禎12年=1756年)には、
「白絹に文様を染める者がいる。また5色を用いて生地を染める者もいて、皆自ら着用している。そして贈り物や商売には
おおむね染色しない地色のままの生地を用いる」とある。

紅型の名称

沖縄学研究の創始者である伊波普猷(1876~1947)は
「琉球更紗の発生=古琉球紅型解題」(1928年)で染料の原産地であるベンガルから
弁柄(ビンガラー)のようであるとし、東恩納寛惇「歴代宝案」の”上水花布(更紗)”が
インドのベンガルから渡来したことから紅型の語源はベンガルに由来するとしている。
沖縄戦による焦土の中、紅型の復興に尽力した城間栄喜は「父(栄松)は中国福建省に
「びん」という地名があったのその地名が語源ではないか」と話していたようであり、
また職人たちの間では元来、型染のことを”型附(カタチキ)”と呼んで、色を差すことを
紅(ビン)を入れると言っていた。

また、「古琉球紅型」「沖縄文化の遺宝」の著者で型絵染作家の鎌倉芳太郎(1898~1983)が沖縄で紅型調査を行った
大正末年の頃、首里の紺屋(染屋)では「ビンガタ」と呼んでいたので「色彩のことを称して紅、文様を指して型という」が
語源であると考え、現在では色彩を称し紅、文様を型とする意味で紅型という名称が使われている。

紅型の用途

王族の礼装・日常着、中国皇帝の冊封使節を歓待する際、少年達が着た「御冠船踊(うかんしんおどり)」などの踊衣装、
特別な場合のみ許された庶民の晴れ着、神衣装の他、資源の少ない琉球では外貨獲得のため中国への貴重な貢品として
作られていた。(「使琉球記」嘉慶7年(1802年)に”東洋花布”の名で記される)。

職人たち


紅型を作る職人は紺屋と呼ばれ、首里、那覇に多数いたと考えられる。その中でも首里に住居をかまえ王府の絵図奉行の絵師
(中国で4~5年、絵の修行をした)の下、紅型を制作したのが紅型三宗家といわれる三家である。
首里で作られた紅型の他に浦添型、那覇型(17世紀商都那覇で作られた庶民階級の着ることができる紅型。
泊型ともいい、首里型と違い文様・色が制限されていた。交易品としての紅型も含む)がある。

型紙

型紙は柿渋を引いた紙に、豆腐を乾燥させたルクジュウを下敷きにして型紙を彫るが、模様の部分を彫り残し、
周りを糊で防染する白地型と、模様の輪郭染のみを線彫りし糊で防染する(1回の型置きで地染めが可能な)地染型がある。
また、用途による名称もあり庶民が還暦以上の祝いに着用が許された祝型、庶民の死装束に用いられた後生(グソー)型、
航海の安全を祈願する大船型、旅ふい型、ガイジ型、タンナ型、ビルイ型、御冠船型と階級による名称では御殿型、殿内型、
若衆型がある。

素材・色・模様について

布地は木綿、荢麻、芭蕉、絹、桐板(トンビャン)などが身分、用途によって染めらていたようである。
地色は約20色あったとされ白地、黄色地、水色地、花色地、緑色地、葡萄色地、藍(深)地、青藍地、段染地(染め分け地)
などである。主に王族・士族婦人などの女性、または元服前の大族・士族の少年、王府に仕える小姓などが着用し、
黄色は王族婦人の礼装、水色・浅地は日常着、花色・白と季節や年齢に応じて着用された。
模様の色彩には主に顔料を用い、顔料の上から染料を重ねたり、染料に顔料を重ねたりしながら彩色をし、
その後朱色以外の模様に隅取りを施し模様に立体感を与えた。
紅型では季節に関係なく春を現す桜に冬の梅、秋の楓の紅葉、雪輪など春夏秋冬の模様が同時に存在することも
大きな特徴で、うっそうと樹木の茂った緑濃い首里では楽園を思わせたことだろう。
模様も中国、日本の柄がほとんどで龍、鳳凰などは王子・王妃にしか許されず、身分の高いものほど大きな模様で
老人は小さい模様を着用した。
材料は自国でとれた福木、琉球藍などの他、主に中国から取り寄せた顔料・染料が使われほとんどの色料を中国に
頼っていることから、当時の琉球と中国との密接な冠毛がうかがえる。
紅型の衣装に植物染料だけでなく絵画に使われる顔料を用いたのは、沖縄の強い日射しの中、観賞されるべきものとして、
独自のおおらかな自然美を表したかたちになったと考えられる。
また、琉球で多様な織物が存在していたことが、紅型が現在まで華やかさを失うことなく伝えられた一因とも考えられる。
(沖縄県立図書館「琉球の染織に関する基礎知識」より引用)。


紅型の制作工程

型染と筒描きの制作工程図

首里琉染では「紅型染め体験」を実施しています。
詳しくは下記ボタンをクリックして体験コーナーをご覧ください。

紅型染め体験コーナーへ

ページのTOPへ